人工芝施工専門店 「キレイ!」が続くお庭作りで笑顔を届けます

すごい人工芝はココがすごい!

 
  2018/10/10
リアルさがすごい       

濃淡2色の芝糸を使用

美しい外観の決め手となる緑の芝葉(ストレートパイル)には濃淡2色の芝糸を使い、明るくみずみずしい色彩の芝生を表現しました。さらに、芝葉の根元にはベージュの細かい芝葉(クリンプ)を密に植え込むことで、枯れた芝葉を再現。本物の天然芝にそっくりな風合い近づけることにこだわりました。

人工芝とレンガの庭の画像1

 

肌触りが、すごい    

やわらかい素材・ポリエチレンを使用

「人工芝は固くてチクチクするのでは…?」それは昔の話です。弊社の人工芝は見た目が天然芝にそっくりなだけではありません。芝糸の素材(緑色・ベージュ)にポリエチレンを使用していますから、柔らかく優しい手触りを実現しています。それに対して安価な人工芝では、ポリプロピレンを使用しており、芝葉が固くチクチクした手触りになるだけではなく、肌に触れる(擦れる)と火傷してしまうこともあります。

弊社の人工芝は品質に妥協していませんから、硬すぎずやわらか過ぎず、丈夫なのにしなやか。天然芝より気持ち良い自然な肌触りを実現している優れた人工芝です。

密度にこだわってクッション性も抜群

芝葉の形にもこだわり、一本一本に強さとしなやかさを持たせています。また同時に、芝葉の根元に植えこんであるベージュの細かい芝(クリンプ)の密度にもこだわって、クッション性も高くしてあります。足にも心地よく、お子様からお年寄りまで安心して歩いて頂ける、天然芝よりも安全なお庭です。

 

耐久性がすごい

耐久性が自慢

芝葉の形状を菱型の断面にすることで、強さと同時にしなやかさに優れた人工芝を作ることに成功しました。

しなり、返り(そり)が良くなった結果、摩耗劣化が大幅に改善されて耐久性が向上。V形断面・楕円断面・扁平断面・凹凸断面では裂けてしまうような場面でもこの形状であれば耐えることができます。

ダイヤモンドモノフィラメントを採用

弊社がお届けするリアルな人工芝は、さらに従来の芝葉の形状(菱形)を進化させたダイヤモンドモノフィラメントを新たに採用しています。従来品よりもさらに、硬すぎず、柔らかぎず、丈夫だけどしなやか。天然芝より気持ち良い自然な肌触りの強くて優しい人工芝です。

クリックで拡大表示します

お庭で10年程度の使用に耐える

以上のご説明の様に、弊社でご提供している人工芝は品質にこだわった製品ですから、お庭での通常使用(景観目的)で10年程度ご使用頂けます。ホームセンターなどで見かける耐用年数が5年程度のものと比べると、おおよそ倍の期間ですから、人工芝を導入する際は初期コストや品質の他に張り替えの手間も考慮して慎重に選ぶことをおすすめします。

 

防草効果が、すごい

国土交通省と同じ仕様

弊社の人工芝は人工芝は通常使用で10年程度の使用に耐えられますが、雑草防止のために欠かせない「防草シート」も品質が良くて目的に適したものを選ばなければ、すぐに雑草は生えてきてしまいます。

色々ある防草シートの中から通気性・透水性に優れて光を通さない防草シートを厳選してご提供。

雑草に奪われたお庭の取り戻して、理想のお庭作りのお手伝いをいたします!

(防草シート、人工芝は雑草の発生を完全に防ぐものではありません)

さらに丈夫な防草シートもご用意

ササなどに代表される強い植物・雑草が生えている場合は、ご希望により通常の防草シートよりもさらに丈夫な防草シートを施工することも可能です。より厚手で引張強度、引裂強度に優れたシートは、雑草による突破りに負けることなくしっかりと雑草を抑制します。徹底的に雑草をやっつけたい方、ご相談下さい!

プロの仕上がりがすごい 

私たちは人工芝のプロフェッショナルです。現場の養生から、人工芝の仕上げまで丁寧な作業でお客様の期待に応えます!DIYでは決して真似できない仕上がりに、驚くこと間違いなしです!!

凸凹にならない下地づくりの技術

お庭の状況に合わせて、凸凹になりにくい丈夫で水はけの良い下地を作ります。

防草シートの設置技術

雑草対策に欠かせない防草シート。単に敷き詰めれば良い訳ではありません。壁際の処理の仕方などの小さな差でも、時間経過と共に防草効果に大きな差となって現れます。仕上がりが美しく、高い防草効果が期待できる私達の技術をぜひ活用して下さい。

継ぎ目が見えない技術

PVCシートと強力な接着剤を使用して、丁寧に張り合わせると継ぎ目が分からない美しい仕上がりとなります。この時の丁寧な作業の差が美しさだけでなく、継ぎ目から雑草が生えず、めくれない、耐久性に優れた状態に保つことができるかどうかのカギとなります。

人工芝工事業者の施工風景4人工芝工事業者の施工風景2

きめ細かい仕上げ技術

壁際、ポストの支柱や立水栓の周り、雨水桝のフタ部分などは、時間をかけた丁寧な作業が要求される部分です。そのほかに、人工芝にシワが寄っていないか、地面に凹凸は残っていないかなど総合的に美しく仕上げるための多くのチェックポイントをクリアしていき、お客様に満足頂ける仕上がりを目指します。

人工芝工事業者の施工風景4クギ人工芝工事業者の施工風景6カット

地道な作業を妥協せず丁寧に行うことで、プロとしての美しい仕上がりが初めて可能となります。

 

Copyright© 施工専門 すごい人工芝 , 2018 All Rights Reserved.