人工芝施工専門店 「キレイ!」が続くお庭作りで笑顔を届けます

人工芝の品質・防炎認定とは

2018/03/21
 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは。芝人施工加盟店のすごい人工芝です。

今回は、人工芝に関する基準の一つとして使用されている防炎認定についてお話したいと思います。

 

防炎認定とは

防炎認定とは、公益財団法人日本防炎協会によって「燃えにくさ」が確認された製品に対して与えられる認定基準で、工業用シート、室内装飾品、寝具類などの繊維製品が対象となっています。同協会によって消防法に基づく防炎性能の確認(テスト)が行われ、一定の条件を満たすと「防炎製品」と認められる仕組みです。この基準を満たしている製品でれば、万が一火災が発生しても災害拡大抑止に一定の効果があるため、繊維製品の火災に対する安全性を示す指標の一つとなって広く認知されています。

 

人工芝にとっての防炎性能

防炎性能とは、繊維などの可燃物(例えばカーペット)を改良して燃えにくくすると、マッチなどの小さな火だねを接触させても炎が当たった部分が焦げるだけでなかなか燃え上がらず、たとえ火がついても延焼拡大しない性能(自己消火性)のことです。

庭やグラウンドなどの屋外で使用されるイメージの強い人工芝ですが、実は屋内で使用されるケースも結構多くあります。レストランや美容室などの店舗、保育園や幼稚園などの教育機関など、屋内の場合特に人が多く集まる場所に設置されることが多いですから、もしこれが燃えやすい素材のままだったら、万が一の時は大変危険です。この様に人工芝にも美しさや耐久性の他に、製品としての安全性が求められます。

 

人工芝にも安全性

人工芝の場合、素材が合成樹脂(プラスチック)で原料が石油ですから、そのままでしたら燃えやすい性質があります。万が一の時は火災の被害を大きくしてしまう可能性もあり大変危険です。そこで、弊社の人工芝では、原料のプラスチックが燃えにくくなる特殊な薬剤を配合して燃えにくくすることで自己消火性を持たせています。

防炎認定されています

弊社の人工芝は、この製造時の自社基準をクリアするだけでなく、日本防炎協会による評価テストをパスして防炎認定を受けていますから、万が一の時にお客様を守る安全な製品です。屋内、屋外を問わず安心してお使いいただけます。

 

まとめ

防炎認定は繊維製品の燃えにくさの安心の目安

防炎性がある人工芝は万が一の時にも安全

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

芝人施工パートナー すごい人工芝 ホームページ https://sugoijinkoushiba.tokyo

営業地域 東京、埼玉、千葉、神奈川、茨城

施工費用、概算価格などお気軽にお問い合わせください。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 施工専門 すごい人工芝 , 2018 All Rights Reserved.