人工芝施工専門店 「キレイ!」が続くお庭作りで笑顔を届けます

人工芝・施工の流れ(庭編#2)

2018/10/14
 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは。すごい人工芝です。

今回は人工芝を施工する際の大まかな流れについての第二回目、防草シートの設置からです。

 

防草シートを設置する

人工芝を設置する敷地の形状に合わせて防草シートを隙間なく設置していきます。弊社で使用する防草シートは幅1m×長さ50mですので、適した長さに切りだします。壁際などの端部分も隙間が出来ないように細心の注意を払いながら、特にシート同士は10cm以上重なる部分を作って置いていきます。この重なる部分を作ることで日光をしっかり遮ると同時に雑草が芽を地上に出せないようにする効果があります。

防草シートも要点を押さえて設置しないと、しぶとい雑草はまた生えてきますからご注意下さい。

 

人工芝を設置する

いよいよ人工芝を設置していきます。敷地の形状に合わせ、人工芝の原反サイズ幅2m×長さ10mを活かして、出来るだけつなぎ目の少ないレイアウトにします。つなぎ目になる部分は、専用の接着剤を使用して人工芝同士を完全に張り合わせます。この作業をせずにクギだけで固定を済ませると、継ぎ目が開いて美観を損ねたり、見た目だけでなく雑草が生えてきてしまう可能性がグンと高くなります。また、継ぎ目から下地の土が表の芝目に沁み出てきてしまって、ドロドロになる心配もあります。

この継ぎ目の工程が上手く行かないと、継ぎ目が非常に目立ってしまいますので、ここで施工業者の力量がわかってしまうナイーブな部分でもあります。

 

仕上げ加工&クギ固定

仕上げ加工として人工芝の余った縁の部分をきれいに切断していきます。この時、切りすぎると隙間が生まれてしまい雑草が生える原因となります。僅かな差ですが、草刈りの大きな手間の差につながります。逆に長すぎると芝目の美しさが損なわれて、見た目が「イマイチ」な仕上がりとなりますので、これもまたセンスが必要な作業です。

余分な人工芝を切り終えたら、専用のクギで固定をしていきます。このクギ打ち作業、傍から見ると簡単な作業に見えますが、地面の石やコンクリート枠などに邪魔されて上手く打てない場合も多く、また、一番目につく部分でもありますので、歪みなく仕上げるのは難しく時間と根気が必要な作業でもあるのです。

 

完成!!

最後に切りカスなどを掃除機で吸い取るなどの清掃を行い、芝目を整えて完成です。

どうぞ、きれいになったお庭でご家族の団らんをお過ごし下さい!

 

これまで何回もお庭を施工してきていますが、施工後のお庭は本当にキレイで毎回感動する瞬間でもあります。(手前ミソで恐縮ですが・・・)

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

(お客様のご要望、植栽や地面の状況などによっては、上記の作業手順が前後する場合や、一部工程を行わない場合もあります)

 

芝人施工パートナー すごい人工芝 ホームページ https://sugoijinkoushiba.tokyo

営業地域 東京、埼玉、千葉、神奈川、茨城、栃木(その他の地域もご相談下さい)

施工費用、概算価格などお気軽にお問い合わせください。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 施工専門 すごい人工芝 , 2018 All Rights Reserved.