《プロの施工を低価格で》東京・埼玉・千葉・神奈川の人工芝施工なら

人工芝に使われているプラスチック①

2018/03/21
 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは。芝人施工加盟店のすごい人工芝です。

今回は、人工芝の材料として使用されているポリエチレン樹脂についてお話したいと思います。

 

機能とコストのバランスが良い

ポリエチレン樹脂は、機能とコストのバランスが良い汎用樹脂の一種で、ポリプロピレン(PP)と並んで私たちにとって馴染みのあるプラスチックの一つです。食品衛生性に優れているため、食品容器や包装材としても使用されていて人体や環境に対しての安全性が高いと言われています。

 

芝糸に使用される理由

弊社の人工芝の芝糸に使用されているプラスチックですが、様々なプラスチックがある中で選ばれた理由としては、先に挙げた安全性のほかに、①成形性に優れる(設計通りのきれいで丈夫な芝糸が作りやすい)、②機械強度に優れる(踏んだり引っ張っても切れない)、③耐薬品性に優れる(洗剤やペットのおしっこがかかっても変色しにくい)といった特性が挙げられます。

 

耐候性に優れている

これらの特性の他、重要な特性として耐候性に優れている点が挙げられます。耐候性とはプラスチック製品を屋外環境で使用した場合に、太陽からの紫外線や温度変化による影響(劣化)の受けにくさを示す指標で、屋外で使用される電線、パイプ、ロープなど製品劣化を抑えることが求められる製品にとっては非常に重視すべき性能です。

 

庭は過酷な環境

普段、私たちが普通に暮らしている自宅の庭ですが、日差しや雨風に常に晒されているため、実は樹脂製品にとっては非常に過酷な環境です。真夏や真冬には極端な温度変化も想定されます。そこに設置される人工芝のパーツの中でも芝糸(緑色の部分)は日光を直に受けて紫外線と温度変化の影響をもろに受ける部分です。この芝糸部分には、必要な性能と耐久性のある材料を使用しなくては、早い時期に色褪せを起こして見た目が悪くなったり、切れやすくなるなどして製品としての耐久性が十分保てなくなることは容易に想像できます。

 

PEはきれいが続く

そこで、人工芝に美しさと耐久性を持たせるために弊社の人工芝の芝糸にはポリエチレンを使用しています。本来のポリエチレンの耐候性を更に強化するために特殊な添加剤を加えて製品化していますので耐久性は折り紙付きです。長い期間(景観目的で約10年)、お庭をきれいに演出するだけでなく、施工する際に併せて使用する強靭な防草シートと共に雑草対策として安心して活用いただけます。

 

まとめ

ポリエチレンは耐候性・耐久性・安全性に優れた材料

安全で耐久性のある人工芝ならポリエチレン製の芝人製がおすすめ

 

 

今回も最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

芝人施工パートナー すごい人工芝 ホームページ https://sugoijinkoushiba.tokyo

営業地域 東京、埼玉、千葉、神奈川、茨城、群馬 、栃木

施工費用、概算価格などお気軽にお問い合わせください。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 人工芝専門店 すごい人工芝 , 2018 All Rights Reserved.